2017・10
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ >>
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2009/07/26 (Sun) 読書・・・秀吉の枷

 起きたら本日は晴天!最近は公私ともにモヤモヤで山もスカッといかない。九州も大雨なようで皆様大丈夫でしょうか?
 で・・・最近は歴史ものばかり読んでいます。本能寺三部作で信長の棺から始まりもうチョイでこちらの秀吉編も読み終わり。この夏はこんな調子ですかね。読書三昧。
この時代にとんでいるようでモヤモヤをわすれさせてくれるのでよろしいです。
 来週くらいは、山行くか!もう天気も安定するよね。

秀吉の枷〈上〉 (文春文庫)秀吉の枷〈上〉 (文春文庫)
(2009/06/10)
加藤 廣

商品詳細を見る


おうえんクリック→にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
スポンサーサイト

こんな本、あんな本 | trackback(0) | comment(2) |


2009/01/01 (Thu) お正月!本!今年の山目標!

 なさま~お正月はどこかのお山でしょうか?こちらは、なんとなくボンヤリとしつつ日々過ぎていき年が明けてしまいました。このままでは・・・すぐオヤスミもおわっちゃいそう

 お酒の肴でよんじゃったマンガですが、ついに8巻目となった岳。相変わらずグッときちゃいます。穂高の景色が描かれているとおおおっときたりして。ヤマの物語のひとつひとつが胸に沁みます。って酒がすすんでるだけだったりして。しかし~いきますねドコまでも感動のドラマ。救助隊の・・・シゴトって??+山とは?それでもやっぱり山やなぁと考えさせられます。三歩クン!ステキ



 オススメ!ヤマ本!谷 甲州さんの名作!「神々の座を越えて」は、年末にかけて読んだ秀逸の山小説でした。海外の山を股にかけての山岳冒険小説!自分も仲間になっちゃってチョモランマ越えするみたいでドキドキです。ただ山登るだけでなく敵から狙われつつというとこいいねぇ。あとチベット、ネパール、中国の政治的背景とかも理解できて◎です。



 さぁ~て、今年の目標のヤマは、どうしよっかと考えてます。
 北アルプスは、槍ヶ岳→北穂高岳うぅんそれか常念岳を狙うか。
 南アルプスは、去年、行きそこなった甲斐駒ヶ岳、仙丈岳・・・。
 長野方面では、四阿山で8月ごろに!お花を見に行きたいなぁ。
 八ヶ岳は、北の方へ・・・黒百合ヒュッテに泊まりニュウへゆっくり巡りたいなぁ。
 日光は、女峰山!去年行った白根方面を望みたい!
 近場では、仏果山、蕨山とかだなぁ。そそ富士山も行きたいねぇ。そろそろ。
・・・といったところだけどテント泊も沢山したいなぁと考えてます。今年も山でまたお会いしましょう~。
よい山行を!!!
  
おうえんクリック→にほんブログ村 アウトドアブログ 登山・ハイキングへ

こんな本、あんな本 | trackback(0) | comment(3) |


2008/09/21 (Sun) 森田 勝さんと長谷川 恒夫さんの本

 アルピニストのお二人について真っ直ぐに書かれている本です。山と向き合う方法はいろいろあると思いますが、あまりに壮絶なお二人で一途という言葉がふさわしい・・・。彼らの没した歳をついに超えてしまい相変わらずのらリくらりと散策している私が、いつまで山に向かうことが出来るのか。山はそれぞれやなぁ。

 佐瀬 稔さんが彼らについて書いています。
 ・狼は帰らず-アルピニスト森田勝の生と死
 ・長谷川恒男 虚空の登攀者

 以下、私が読んだオススメ山本もあります。ドウゾ~。


おうえんクリック→にほんブログ村 アウトドアブログ 登山・ハイキングへ

こんな本、あんな本 | trackback(0) | comment(0) |


2008/04/05 (Sat) yama本 オススメ 剣岳 点の記 2009年映画化決定!

今年の山目標!剣岳なんですけど・・・。本屋行ったら新装版の剣岳<点の記>~新田次郎さんの文庫本があり早速よみました。

 巻頭の剣岳の概念図をたどりながら読み進めました。未踏の山、針の山、剣岳へ!ただ地図を作るために・・・。測量官とその一行のたぐいまれな困難な命がけの仕事「地図というものは、山のなかをごそごそ歩いてる間にできるものだぐらいにしか世間では理解していない」という彼らの言葉がありますが、まぁ、いままでそのくらいしか自分も考えてなかったのですが・・・初めて先人の地図に込められた思いが伝わり理解できました。

 別山の遥拝所からの剣岳の記述がありますが、登ったら是非~立ち寄り仰いでみたいものです。
「・・・剣沢の暗い空間をへだてて剣岳が聳え立っていた。柴崎がいままで見たことのある山のすべてと違っていた。それは岩峰と岩峰を数限りなく重ねて作り上げられた険しい山であった。美しさより、山の険しさが人を寄せ付けない怖ろしさにかわり、人の世とは隔絶した山に見えた。見詰めていると、山に押し倒されそうだった。白い寒さが風となって吹いて来て身が凍りそうだった。」とあります。うわーーという感じで、すぐにでも行きたいなという気分!ですね~。

 ところで、この小説は来年映画化されるそうです→映画のホームページが、もう出来ていて公開されてました。今年登って来年映画みるというのもいいですね~。

劒岳―点の記 (文春文庫 (に1-34))
turugitennokibook


おうえんクリック→にほんブログ村 アウトドアブログ 登山・ハイキングへ

こんな本、あんな本 | trackback(0) | comment(0) |


2008/03/30 (Sun) yamaお供本 おすすめ「画図百鬼夜行全画集」鳥山石燕

 この本を持って山小屋に泊まれば、寒さUP?妖怪とお友達になれるかも~。
 作者・・・鳥山センセイは、江戸時代に活躍したなんでも知ってる偉い先生です。古今東西の怖いというより楽しい憎めない妖怪がたくさんです。どろどろろ~。

                    

おうえんクリック→にほんブログ村 アウトドアブログ 登山・ハイキングへ

こんな本、あんな本 | trackback(0) | comment(0) |


| TOP | next >>

プロフィール

mijinco

Author:mijinco
ぬるーゐトイカメラ画像でまったりどぉうぞ。

これまでのご訪問数

オススメの本は、こちら!

◎オススメ◎地図とコンパスの使い方はこちらでOK!完璧に読図が出来ます。

縦書き Twitter!

Twitterでよく!よく!あたしつぶやいてます。

rurusanjyouって名前でつぶやいてます。よろしゅう。

最近UP 写真と絵

Translation(自動翻訳)

バロメーター

twitterことり

くりっくしたらつぶやきで鳴きます~

twitter / rurusanjyou

お読みくださいませ

- Information -

ようこそtokimeki荘へ・・・。 ブログ記事をごらんになりましたら、よろしければ是非・・・coment(ご感想)を入れてください。

-- E N D --
.
.

応援クリック!してね!

FC2ブログランキング

四季の花時計

カテゴリー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

このブログをリンクに追加する

Brog pet

pictlayer

最新のコメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。