2017・10
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ >>
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2010/05/05 (Wed) ひたすら雪道 奥秩父 甲武信岳・国師ヶ岳・金峰山(2010.5/1-3)

ひたすら・・・。ツライ歩きごたえのある山行でした。連休を利用して草履虫くんと二人テント泊の山行。あたしゃ体力の減退も感じた縦走テント泊でしたわ。ザックの重さ考えないとヒドイことになるなぁと反省しきり。
 三日間で25時間以上の歩き~、二日目の11時間も限界歩き時間。ヘトヘトで雪もーーーイヤ!って感じに。もーーやめて下りちゃおうかとも考えたけど思い直して金峰山をめざしたんよ。

 今回の山行の写真と山行記録はこちら→ヤマレコ

軌道が残る甲武信岳までの道程です。」
甲武信軌道

 今回のテン泊メインメニューは初日夜が味噌ぶた鍋、二日目は鮭のお雑煮で朝は転用して雑炊です。お昼はパン食中心でした。なかなかナイス!ただ食材重すぎ。次回の課題ですな!

「昨夜の鍋の残りにツナを入れて違う感じの雑炊でグットモーニング」
二日目朝ごはん

 やっとの思いでテント場に到着時間がかかりすぎ。2000mからあとはずーーーと雪道でアイゼン使用でした。5月なのに。アイゼンは10本以上が必要!6本では体力が消耗・・・・。

「甲武信のテント場~。スコップ借りて雪を平らにしてやっとこさ設営。本日トラブル続きで~。ホンキでやめたくなる~。」
甲武信テント泊

「こんな感じでどこまでもどこまでも雪と登り下りとコメツガの樹林を歩く。」
雪道 奥秩父

 ランチの前にガンバル山ギャルにあった・・・→昼抜き単独4テント泊で雲取まで!ひーーーえぇ。

ランチはピザパン!絶景もウマイ!」
ピザパン

「金峰山に近づくごとに今までの苦労を吹き飛ばすような素晴らしい景色の連続」
金峰山 尾根へ
「南ア、北ア、八ヶ岳すべて見える~。スゴイ!」
金峰山 ブルースカイ

「金峰山名物の五丈岩バックに岳カミサマも登頂記念撮影パチリ。」
金峰山 五丈岩 岳カミサマ

「雄大な景色ももうそろそろ終了の大日岩。」
大日岩

 体力の限界っぽい山行でした。装備、準備とも今一歩次回縦走はも少し作戦かんがよっと。しかし奥秩父は深い深いヤマでありました。よろしかったなぁ。ジーーーん。

おうえんクリック
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村



MY水彩画の姉妹館にも来てね→木っ端みじんこ Museum

スポンサーサイト

山旅 奥秩父 | trackback(0) | comment(0) |


2008/06/14 (Sat) 奥秩父 甲武信岳 2475m(2008.6/7-8) その2

梅雨・・・。なかなかお天気は読めませんが、きょうは朝からよい天気でしたねぇ。なのにドロンと曇り・・・。
 さて甲武信岳 から1週間。今週はドタバタしていてなかなか更新できませんでした。・・・でご報告します。今日も沢山の人がのぼってんのだろなぁ。
 こちらの山行記録見てくださいね~1テント泊2日の行程でしたぁ。山行記録はこちら

 深田さんの百名山にもこの山は、出てるけど読み返すと1916年の「甲武信岳の帝大遭難」のことが、書いてあるんですね。そういえば、小屋のトイレの上の片隅に寂しくブロンズの遭難の像がありました(ロープがあって遠目にしか見ることできなかったけど)。破風山から甲武信に向かう途中に道迷いで豪雨に打たれ遭難したという記述がありました。今回は、ポツポツの雨だけで梅雨らしからぬお天気に恵まれこの破風山も越えることができたのは、全くラッキーでした。よかった!よかった
  
 ヌク沢から今回の道のりは始まりました。徳ちゃん新道のほうが楽な道で崩壊もなかったということですが・・・この様な軌道がありました。トロッコで木を切り出していたんでしょうね。しみじみ
 「もうどのくらい前に廃棄されたのか。静かに役目を終えて枯れ葉に埋もれていました。」
軌道 こぶし


 「今回!ハクサンシャクナゲですね。ピンク、やや赤みが強い、白などあまり派手でなくこの時期に似合う花ですね~。ビューティやな!あんまり沢山写真とったんで載せないのも惜しいので最後の方に更にUPしてます。みてね!」
こぶししゃくなげ2

 
 「樹林をどーーんと出てザラ場にでたとこで!すばらしい景色が!な・・・い
こぶしへ

 
 ノンビリの甲武信小屋です。煙突の煙がたなびいていてホンワカ~。外のテーブルでは、ずーーーと宴会中。そんなに呑んじゃ。あした二日酔いじゃ~?とか余計なお世話か・・・。
 「カレー作成中の煙か~」
こぶし小屋

 
 本日の邸宅移転地は、新興住宅地状態ギシギシ庭も狭し状態です。
 隣の居酒屋テントは最後まで・・・収まらず。小声のオシャベリも布一枚の壁では、参加してるみたいで・・・他のテントは20時就寝ですよって。
 「まんなかが、我が家・・・」
こぶしテント場


 「日本三大峠」制覇!www!雁坂峠(かりさかとうげ)です。秩父市と山梨市の境にある峠で標高2,082m。あと針ノ木峠、三伏峠です。百名山より簡単か?

 「ホントは南が開けていてスゴイ展望のはずです・・・」
雁坂峠


 ズンズン歩いた先でこのあたりが大変でしたね。沢道がちょいと不明だったり倒木が帰るな!とさえぎったりと。みなさんのおかげで無事帰還です。有難う!ございます。
 「無事通過・・・です」
峠をおりる


 緑のなかに溶けていく~。桜がほんのちょい残っていたり可愛い花の群落も幾つかあったりとこの道のりも季節がしっかり準備してくれてまして「ありがと」です。感謝。
 「ミドリの絵の具を溶かしたみたいな道にスーーとツメタイ風が頬をなでて・・・秩父路を往く」
雁坂峠をゆく


おうえんクリック→にほんブログ村 アウトドアブログ 登山・ハイキングへ

山旅 奥秩父 | trackback(0) | comment(4) |


2008/06/09 (Mon) 奥秩父 甲武信岳 2475m(木賊山2468m~西破山~雁坂嶺 2289m~雁坂峠)1

 昨夜は、帰ったらバタンと布団に倒れてZZZzz!。今日もとりあえずの無事カエルの報告です。

 雨に降られずによかった+ひさびさテント泊よかった+ありがとうございましたおしとやか山岳会?」(仮称)のみなさん!!お世話になりました

 覚悟は、してましたけどたけどヤハリのつらさ歩いただけの山の宝物を沢山貰って帰りました。
しゃくなげが、綺麗でした。まっててくれたんだね~といっちゃいたくなるほど。不思議の国のアリスの絵本に意地悪女王様のバラ園があるでしょ~それのしゃくなげ版といったところ。たとえがイマイチか~。でもそれくらい沢山でした。夢の国やなぁ。

「梅雨の水滴がしっとりしみているような色使いはカミサマならでは、ですねぇ」
こぶししゃくなげ1


 今回の山行は、「おしとやか山岳会(仮称)?」の方々といつのまにかが、何回か続いて犬ころみたいにずーーーとくっついて最後までお供させていただきました。一人じゃムリだったです。ホントに。温泉までつれてってもらってオマケに車までのっけてもらい・・・楽しいオシャベリで多くの勇気!をいただき?沢山のオヤツも・・・。ありがとございました。

 山の楽しさ再認識!ヤワな山行ばかりじゃダメなんですね~と反省しきり・・・。また元気な会の皆さんとお会いしたいです~。われわれの山学会(弱虫ですが・・・)もさそってくださいね!そのときは、わたしもも少し強くなっときます。

「力強い登りとたのしいオシャベリ+おいしいオヤツ」
oshitoyakatai

 
おうえんクリック→にほんブログ村 アウトドアブログ 登山・ハイキングへ

山旅 奥秩父 | trackback(0) | comment(2) |


2008/05/07 (Wed) 山旅 両神山(奥秩父)1723m キャンプ泊~2008.5/4-5 続きをも少し

 せっかくなので~も少し両神山の面白いところとかUPします。
鎖場が結構このヤマはあり面白い。→山行記録はこちら

「よっこいしょ!で登るところがよい」
kusaribaryoukami2


 オトシブミです。これ虫が作るのです。登山道に落ちてました・・・そうこの時期なんやね。このお手紙落ちてるの。

「なかには何も書いてありません・・・」
otoshibumi2


 両神神社のお犬様。♂と♀がいらっしゃいます。こちらは、おんなのこ

「わん」
yamainuryoukami


 最後は、お花で締めくくり!キケマンの花ですね。これ。

「さよならまたくるね~」
kikemanryoukami


おうえんクリック→にほんブログ村 アウトドアブログ 登山・ハイキングへ

山旅 奥秩父 | trackback(0) | comment(0) |


2008/05/06 (Tue) 山旅 両神山(奥秩父)1723m キャンプ泊~2008.5/4-5

新緑の頃といいましょうか。まさに全山、まっさかり。連休は、テント泊ときめて甲武信ヶ岳と決めてたら今年は、すごい雪 らしいことが判明!もう雪は、先日の山でおしまいと考えてたのでやめ×!で急きょ~秩父だ!両神山はあんまり期待してないけど、まぁいいかのノリで決めちゃいました。>。→山行記録はこちら

 いや、が!しかし!いい山でした。秩父には、初めて入りましたが、ここの土地ジタイ信仰の街でもあるのか、なんだか穏やかな空気に包まれててよろしかったです。最近の山旅のなかでは、ダントツ五つ星クラスでした。

「沢の水しぶきも心地よい~あーーきてよかった~」
ryoukamikeiryu

 そう、この時期は、ニリンソウの群落が満開!それは見事で天国のお花畑を連想させます。

「ニリンソウ!ガ キレイ デス!」
nirinsou2

nirinsouhatake


 沢の流れに包まれ緑の煙幕で自分まで緑色に染まっちゃいそうです。山道ごろごろと石がころがっていたりせず快適と言えるほど歩きやすい。これは、信仰の道であったからでしょうかねぇ。途中、石塔もいくつもみられます。クネクネとへびのようにくねるように山道がつけてあるのも面白い

「クネクネ曲がる曲がり道」
ryoukamikunekunemiti


「山吹色!花の名前?」
ryoukamiyamabukiu


 清滝小屋のキャンプ場は、水場もGOOD。1区画3-4テントが張れます。小屋の横に蛇口がある水場で炊事もできるし食事できる長テーブルもあります(トイレが横なのでくさいですが)。テント場の地面も殆ど石も無く平らでなかなかよい。まぁ、どこの小屋でもこれくらいのテント場が整備してあればいいのにねぇ。そうなれば、みんな小屋に泊まらなくなるか・・・

「一番手前の緑の屋根が、私の邸宅である」
kiyotakekoyatent

「いつもの朝ごはん!筑前煮を入れた雑炊と味噌汁+いわしの味噌缶(こぼして臭くなったから次回は、メニューからハズソウ)」
asagohanryoukami


 頂上へは、翌朝5時30分には食事も完了!6時スタートで7:25には、山頂!富士山がポッカリ白い頭を出し八ヶ岳の神々しい白い峰も綺麗にみえました。ツツジの花がまさに花を添えるという感じでした。いいねぇ。狭い山頂は和気あいあいで山岳同定の仕合っこでみんな仲良く記念撮影

「ソフトクリームの頭か?」
ryoukamifuji

「こちら八ヶ岳連峰!」
ryoukamiyatu


 その後は、うまい具合にバス乗り継ぎを薬師堂の温泉タイムが二時間!いっときの山の友達とカンパイとなりました。またまた三峰口からは、始発電車で実に優雅な山旅で地酒の日本酒を飲みつつ、しばしの別れ!また何処かの峰でお会いすることを誓いあいました。あーーかなり呑みすぎ。これだから山はやめられん。

「また、いこーーーと。」
ryoukaminemiti


aoihanaryoukaimi

おうえんクリック→にほんブログ村 アウトドアブログ 登山・ハイキングへ

山旅 奥秩父 | trackback(0) | comment(1) |


| TOP |

プロフィール

mijinco

Author:mijinco
ぬるーゐトイカメラ画像でまったりどぉうぞ。

これまでのご訪問数

オススメの本は、こちら!

◎オススメ◎地図とコンパスの使い方はこちらでOK!完璧に読図が出来ます。

縦書き Twitter!

Twitterでよく!よく!あたしつぶやいてます。

rurusanjyouって名前でつぶやいてます。よろしゅう。

最近UP 写真と絵

Translation(自動翻訳)

バロメーター

twitterことり

くりっくしたらつぶやきで鳴きます~

twitter / rurusanjyou

お読みくださいませ

- Information -

ようこそtokimeki荘へ・・・。 ブログ記事をごらんになりましたら、よろしければ是非・・・coment(ご感想)を入れてください。

-- E N D --
.
.

応援クリック!してね!

FC2ブログランキング

四季の花時計

カテゴリー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

このブログをリンクに追加する

Brog pet

pictlayer

最新のコメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。